当社の超高精細AI花粉予報® は、ある一人の花粉症に悩むITエンジニア兼気象予報士の想いから誕生した予報システムです。

AI花粉予報®のベースとなる予報システムの開発は、実は十数年前から始まっていました。

もともと花粉の研究において「空中で花粉の粒はどれだけ飛んでいるのか?」を調べるために空中花粉濃度という数値の計測が行われていたのですが、計測の結果、空中花粉濃度は空間的にも時間的にも揺らぎがあり、至近距離で測ったとしても濃淡が大きく変化することがわかっていました。

したがって、単一地点での計測をもって、地域全体の代表値とすることはできないと感じていました。

 

ところが、そのような現実があるにもかかわらず、当時世間的に使われている花粉予報は、東京都は多い・千葉県は非常に多い、などの漠然とした予報がほとんどだったのです。

実際の飛散量が大きく違うのに、予報は同じ。

それではまるで暗闇の中手がかりもなく相手を知らずに対策をしているようなものです。

 

また、過去におこなった大学との共同研究を通じて、花粉をそもそも浴びないことが花粉症対策にとって大事だということも感じていました。

 

そこで、ITエンジニア兼気象予報士は、花粉対策をしっかりとおこなうためには自身で花粉予報のシステムを開発するしかないと強く感じ、2kmメッシュ・1時間ごとの超高精細花粉予報への開発へと踏み切りました。

予報についての技術的なお話はこちらをご覧ください。

そうして年月がたち、超高精細花粉予報に加え、AIによるデータの補正を加えた現在の「AI花粉予報 ® 」が誕生したのです。

 

AI花粉予報® https://kafun.info/

 

AI花粉を予報を使うことによって、例えば同じ都道府県内でも下記のように時間によって花粉の飛び方が違うことがわかるようになりました。

下図をご覧ください。(実際の地図の表示は関東南部全域となります。)
オレンジが濃くなるほど花粉の量が多いという予報です。

外出先の予報を確認し、
・お出かけの時間帯を変える
・対策の軽重を調整する
など、ご活用いただけると思います。

同じ花粉症に悩む人に、ぜひAI花粉予報® を上手に活用して花粉対策を行っていただけたら嬉しいです。

 

 2019年1月28日 株式会社フォーチュン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう