これまで、よく見かける花粉予報では「今日の東京(あるいは関東地方)の花粉は非常に多い」という形で伝えられることが多かったです。

しかし、実際の花粉の飛散は1日中ずっと同じ量飛んでいるわけではなく、風が吹いたりやんだりするのと同じように、本当は同じエリアでも時間帯によって強弱が存在します。

ピンポイントAI花粉予報は、この強弱をよりわかりやすくするため、一日の変動をグラフで表現しました。

都道府県庁所在地の住所ごとにピンポイントAI花粉予報を出してみましたが、どれだけ違うのか2/26の予報をためしに比較してみましょう。

ここから見えてきたのは、

  • 1日のうちで、少ない時間、多い時間が存在する
  • 実は深夜にも多くの花粉が飛んでいることがある
  • 午前中の飛散は少ないから、洗濯物を干すなら午前中のうち・・・じゃない場合もある

など、意外な事実でした。

 

まずは東京都庁の住所でみたピンポイントAI花粉予報です。

ピークは16時で、その後0時に向けて少なくなりますが2時ごろまたグラフは上がっています。

 

ちなみに、多くの予報では

少ない…1~50
やや多い…51~150
多い…151~250
非常に多い…251以上

であらわされることが多いです。
(もし、「うちは違う基準で出しているよ!」という予報会社様がいれば、ぜひ教えてください。)

 

 

次に神奈川県庁の住所で見たピンポイントAI花粉予報です。

こちらは実数は東京よりも少ないものの、ピークが16時なのは東京都と同じ。

そして22時~23時に花粉飛散がややおさまることがわかります。そしてふたたび2時に飛散が多くなりそう。

 

深夜に花粉飛散が多そうだな、と思ったら、たとえば今日はマスクをして寝よう。朝起きたらさっと床を掃除しておこう。など考えられます。
(しっかり戸締まりをした部屋の中でも、どこかからまぎれて室内に入ってくる可能性もありますから…)

 

 

そして同じ関東でも、茨城県庁のピンポイントAI花粉予報はどうでしょうか。

こちらは東京や神奈川に比べると少ないですね。1日の変動も今日は多くないことがわかります。

むしろ午後の方が少な目ですよね。

 

さて、今度は少し離れて大阪府庁のピンポイントAI花粉予報を見てみましょう。

こちらはピークが20時になっています。

花粉飛散量がピークに達する前に仕事終わらせよう!とかも考えられますね。

 

今回、4つの都道府県庁の住所での予報を比較してみましたが、ピンポイントAI花粉予報は、あなたの好きな住所でこのグラフを見てみることができます。

下記の手順で無料でご利用いただけます。

  1. 下記の「ピンポイントAI花粉予報(R)を作成する」ボタンからグラフ作成ページに進む
  2. 住所とメールアドレスを登録する
  3. 翌朝、登録いただいたメールアドレスに、グラフを確認いただけるあなた専用のURLが届く
  4. 届いたURLをクリックすると、指定した住所の花粉予報グラフが確認できる

グラフは毎日自動で更新されるため、届いたURLはスマートフォンのホーム画面に追加いただいたり、パソコンのお気にいりに保存していただくと、毎日便利にご覧いただけます。
ぜひご登録いただき、花粉対策にご活用ください!

今回ピックアップした4か所以外にも、全国の都道府県庁 住所でのピンポイントAI花粉予報を後悔しています。
こちら↓からご覧いただけます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう