花粉症になるとどんな症状が出るのでしょうか?

また、それらの症状に対してどんな薬があるか、簡単にご紹介します。

花粉症の四大症状:くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ

花粉症の主な症状として挙げられるのは、くしゃみ・鼻水・鼻づまりで、三大症状とも呼ばれます1)

さらに、目のかゆみ、なみだ、充血などの目の症状も伴うことが多いです。

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ、4種類になるので四大症状と言えますね。

花粉症の三大症状

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどが起こるまで

くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状のもととなる「抗原」と呼ばれる物質は、スギ花粉の場合、抗原そのものが風に乗って飛んでくるわけではなく、皮膜に覆われた状態で飛んできます。

さまざまな原因により、その皮膜が破れ、抗原が飛び散ることにより花粉症の反応が起こっているのです2)

花粉症の人の身体に花粉(抗原)が入ってくると、肥満細胞(マスト細胞)が花粉という「敵」から体を守ろうとして、花粉(抗原)に対して「出ていけ」と攻撃します。

<花粉症の症状が起こるメカニズム>

花粉症の症状が起きるメカニズム

この攻撃のときに、ヒスタミンやロイコトリエン等の化学伝達物質を放出するのですが、これらが体のさまざまな部分を刺激し、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみという四大症状をはじめとした、花粉症の症状を引き起こします。

ヒスタミンなどが肌荒れ・のどの痛み・発熱などの症状を引き起こす

ヒスタミンやロイコトリエンなどに伴う症状は多岐にわたるため、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ以外にも下記のような症状が起きることがあります3)

  • 肌荒れ
  • 頭痛
  • 微熱
  • のどの痛み、かゆみ、違和感
  • 特定の食べ物で蕁麻疹などの体調不良の症状が出やすくなる(口腔アレルギー)
  • もともとアトピーなどのアレルギー体質の人がさらに症状が悪化する4)

などです。

上記以外にも、

  • 鼻づまりなどの諸症状からくる倦怠感
  • 鼻水、鼻づまりからくる不眠

など、間接的な日常への影響も含めると、花粉症から派生する体調の悩みは多岐にわたります。

これらの症状が花粉が飛散する期間ずっと続くため、花粉症の人はつらい時期が長期間続きます。

 

花粉対策、花粉症にならないための予防策をしっかりとやっていきましょう。

 

症状別:よく服用・使用される薬や薬局で買える対策グッズ

どんな薬を飲んだらいいのか、どんな対策をしていったらいいのか症状別に見ていきましょう。

鼻アレルギー診療ガイドライン1)に記載のものを中心にご紹介します。

診療ガイドライン(しんりょうガイドライン)とは、医療現場での適切な臨床診断と治療の指針とするために、対象とする疾患の検査・診断や治療などについて最新の情報をまとめたものです。

薬局などでも手に入る薬もありますが、まずは自分の症状には何を使ったらいいかは、きちんとお医者さんに相談するようにしてくださいね。

 

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・頭痛・微熱・肌荒れ・・・など全般的な症状には「飲み薬」「点鼻薬」「鼻洗浄」など

花粉症の症状全般には

  • 飲み薬
  • 点鼻薬
  • 鼻の塗り薬
  • 鼻の洗浄

といった薬・対策などがあります。

飲み薬

最近テレビCMで、アレグラ・アレジオン・・・などの名前を耳にしたことはないでしょうか?

これらはお医者さんに行ったときにも、花粉症でよく処方されることが多い薬で、「抗ヒスタミン薬」と呼ばれる飲み薬です。

 

くしゃみ・鼻水などを引き起こすヒスタミンと呼ばれる、体の中で生産する物質抑制するもので、花粉症の諸症状を抑える役割を担っています。

これまでお医者さんにかかった時だけしかもらえなかった薬ですが、最近ドラッグストアでも買えるようになりました。

その他、「ステロイド薬」などいくつかの種類がありますが、「抗ヒスタミン剤」に比べると処方される機会は少ないでしょう。

 

飲み薬については種類が多岐にわたるため、下記のページで詳しく紹介していきます。

副作用についても紹介しますね。

花粉症の処方薬と市販薬:飲み薬編(近日公開)

点鼻薬

抗ヒスタミン薬、ステロイド薬のうち、鼻の中に直接吹きかける点鼻薬があります。

その他、抗ロイコトリエン薬や血管収縮薬など、点鼻薬も色々な種類があります。

花粉症の処方薬と市販薬:点鼻薬編(近日公開)

鼻の塗り薬

鼻のまわりや中にワセリンを塗り、花粉と鼻の粘膜の接触を防ぐことと、鼻の中に花粉が侵入するのを防ぐという対策があります。

現在日本でよく利用されているガイドラインに記載はないのですが、イギリスのNHS(国民保健サービス)で、花粉症の予防対策のひとつとして紹介されています5)ので、興味がある方は試してみるのも良いかもしれません。(NHSは日本で言う厚生労働省のような、国の機関です。)

ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g(ヴァセリン)

鼻の洗浄・鼻うがい

鼻についた花粉を除去するという手段の1つとして、鼻の中を水で洗い流す鼻洗浄・鼻うがいも対策として考えられます。

下記のようなグッズが薬局・ドラッグストアで発売されていますので、こちらも気になる方は試してみてはいかがでしょうか。


ハナノアbシャワー 洗浄器具+専用洗浄液300ml(小林製薬)

 

ただ、目や鼻を洗うと花粉症の症状が軽くなるように感じる方もいる中で、逆に刺激してしまい症状が悪化する場合もあります3)
そのような場合にはすぐ医師に相談してくださいね。

 

鼻づまりの症状には「飲み薬」「点鼻薬」

鼻づまりの症状には

  • 飲み薬
  • 点鼻薬

を、お医者さんでは処方することが多いです。

 

飲み薬とはまた違う種類のお薬がありますので、下記のページで詳しく紹介します。

花粉症の処方薬と市販薬:飲み薬編(近日公開)

花粉症の処方薬と市販薬:点鼻薬編(近日公開)

 

目のかゆみ・充血などの症状には「目薬」「目洗浄」

目のかゆみ・充血といった目に関する症状がひどい場合は

  • 目薬(点眼薬)
  • 目の洗浄

といった薬・対策などがあります。

 

目薬(点眼薬)

目の症状が酷い場合は、アレジオン点眼薬など抗ヒスタミン薬の点眼薬などが処方されることがあります。

市販薬でも目薬は色々な種類が出ています。

ただ、緑内障など目に関する不安を抱えてらっしゃる方は、気を付けるべき副作用もありますので眼科のお医者さんに相談してくださいね。

下記のページで詳しく紹介していきます。

花粉症の処方薬と市販薬:目薬(点眼薬)編(近日公開)

 

目の洗浄

花粉除去を目的とした、眼洗浄も対策の1つです。

薬局・ドラッグストアで購入できる商品として下記のようなものがあります。

アイボンは有名ですね。


【第3類医薬品】アイボン 500mL(小林製薬)

薬局・ドラックストアで購入できるものではありますが、使用についてはドライアイ、緑内障、などをはじめとして目についてもともと不安な点が少しでもある方は、必ず眼科のお医者さんにあらかじめ相談してくださいね。

 

肌のかゆみ、肌荒れ

花粉症のガイドラインは鼻にまつわる症状が中心のため、花粉に特化した肌のかゆみ・肌荒れの症状についてのガイドラインはありません。

そのため効果のほどはわかりませんが、考えられるものとして、

  • 塗り薬
  • 花粉ブロックスプレー
  • 敏感肌向けの化粧品

などの薬・対策があります。

塗り薬

ワセリンなどの保湿を目的とした塗布剤や、場合によってはステロイド塗布薬が処方されることがあります。


ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー 200g

 

肌のかゆみなどが特に酷くなって湿疹として症状が出ている方は、花粉症だけではなく、もともとアトピーなどの皮膚アレルギーを持っている可能性がありますので、アレルギー科、皮膚科の先生に相談してみてくださいね。

花粉ブロックスプレー

それほど大きな症状ではなく

  • 肌がなんとなくチクチクする
  • 乾燥している気がする

などは、下記のようなものが薬局・ドラックストアで購入できるので、試してみるのも良いかもしれません。


イハダ アレルスクリーン 50g(資生堂薬品)
花粉をブロックするスプレーです。花粉吸着防止の技術は、特許を取得しています。(特許番号 4562585号)


キャブロック クリアミスト 20ml (株式会社ジールコスメティックス)
なんとダチョウの卵から得た、花粉抗体成分(医薬組成物)を配合したスプレーです。
もともとは対インフルエンザ用マスクの開発からはじまったもの6)が、現在は花粉を始め7)アレルギー全般の化粧品など8)に活用されているようです。

 

敏感肌向けの化粧品

予防・対策というよりも、花粉で弱った肌へのケアという目的で、花粉症の時期は肌への負担が少ない化粧品を使ってみる、という視点もあります。

基礎化粧品、メイク用品など現在は色々なものが出ていますので、下記ページで紹介していきます。

花粉症で弱った肌向け:肌への負担が少ない化粧品(近日公開)

 

症状に限らず日常生活でやった方が良い花粉対策・予防

花粉症の症状別の薬や対策などを紹介しましたが、日常生活の上で花粉を避けることがなによりも重要です。

現在花粉症の人はもちろん、花粉症になりたくない人も、フォーチュンの「AI花粉予報」をチェックしたうえで下記の花粉対策を行いましょう。

  • マスクをする
  • メガネをかける
  • 部屋をこまめに掃除する

・・・などです。

 

詳しくは、下記ページで紹介していきます。

⇒花粉症の人が生活で気を付けるべき5つのポイントとNG行為

 

<参考文献>

  1. 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会.“どんな症状があるか”.アレルギー性鼻炎ガイド.株式会社ライフ・サイエンス,2009,P.4,http://www.jaanet.org/pdf/guideline_nose05.pdf,(参照 2017-10-20).
  2. 野原修.スギ花粉からの主要抗原溶出に対する鼻汁の影響.耳鼻咽喉科展望.1996,Vol. 39, No. 5, P.483-495,https://www.jstage.jst.go.jp/article/orltokyo1958/39/5/39_5_483/_pdf,(参照 2017-10-20).
  3. 厚生労働科学研究 公益財団法人日本アレルギー協会.的確な花粉症の治療のために.第2版, 2015, 20p, http://www.jaanet.org/pdf_files/allergy_nose03.pdf,(参照 2017-10-20).
  4. 大久保公裕.“花粉症のセルフケア”.的確な花粉症の治療のために.第2版,厚生労働科学研究 公益財団法人日本アレルギー協会,2015,P.14,http://www.jaanet.org/pdf_files/allergy_nose03.pdf,(参照 2017-10-20).
  5. 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会.“5.悪化因子の検索と対策”.アトピー性皮膚炎診療ガイドライン.2016 年版, https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf, (参照 2017-10-20).
  6. 科学技術振興機構(JST). “ダチョウ抗体を用いた鳥インフルエンザ防御用素材の開発でベンチャーを設立”.国立研究開発法人 科学技術振興機構ホームページ. http://www.jst.go.jp/pr/info/info534/,(参照 2017-11-1).
  7. “ダチョウ抗体による花粉対策のメカニズム”.ダチョウ力.com.https://www.koutai-mask.com/kafunsyou/,(参照 2017-11-1).
  8. “「安心」「安全」な化粧品開発”.株式会社ジールコスメティックス ホームページ. http://zlc.jp/background/index.html,(参照 2017-11-1).