スギの写真を募集します

「スギの雄花」の写真を募集します。

いただいた写真は、当社の花粉予測のための研究に使用させていただくほか、「○○地域の現在のスギの様子」という形でサイト上も掲載させていただきます。

<お送りいただきたいもの>

下記の4つをお送りください。

  • スギの雄花の写真
  • 日時
  • 撮影場所(住所・緯度経度)
  • あなたのお名前(撮影した写真をサイトに掲載する際に表示させていただきます)

<送付方法>

下記のどちらかでお送りください。

 

「スギの雄花」の撮り方、および送付方法について詳しくご説明していきます。

「スギの雄花」写真の撮り方

お送りいただきたい写真は「スギの雄花」の写真です。

とは言っても、まずどれがスギの木かわからないですよね。

 

スギの木の特徴についてご説明します。

スギの木ってどんな木?

スギの木は遠くから見ると、縦長の二等辺三角形になっています。
1本単体で生えていることは少なく、何本も集まりスギ林になっていることが多いです。

スギの木の全景 例1
下記の写真のように縦長でてっぺんが鋭角の形をしていて、とても大きいです。
スギの木の全景 例2
冬になってくると、下記のようなカフェオレ色と呼ばれる濃い茶色に見えてきます。
2月に撮影したスギの木
2月のスギ林@千葉県

 

この写真のようにスギ林全体を収めるのは難しいかもしれませんが、もし全体が撮れたら、一緒に撮ってお送りください。

 

なお、同じ時期の花粉症のもとにもなる「ヒノキ」とも似ています。

「ヒノキ」との見分け方は下記の記事で詳しくご紹介しています。

スギとヒノキの見分け方

 

「雄花」を撮ってみよう

スギの葉の先端には、粒がついていて、それが「雄花」と呼ばれる部分です。
その粒が見えるように、写真を撮ってください。

スギの葉の例
このように、針のようなトゲトゲしたような葉が集まっています。
葉っぱの形が上手く見えない場合、デジカメやスマートフォンで写真を撮ってみて手元の画面で拡大してみたり、地面に落ち葉があれば、その葉っぱの形を見てみてください。
スギの葉
スギの雄花の例1
下記の写真、葉の先端に青い粒がついているのがわかるでしょうか。
9月ごろに撮影したものです。これが、秋が深まり冬に向かうにつれて茶色になっていきます。
9月に撮影したスギの雄花
スギの雄花の例2
下記の写真は11月に撮影したものです。
葉の先端の粒が茶色になってきています。
11月に撮影したスギの雄花
スギの雄花の例3
2~3月の飛散直前のシーズンになると、はっきりと茶色がわかってきます。
2月に撮影したスギの雄花

 

このように、「スギの雄花」がわかるような写真を撮ってみてください。

 

写真の送付方法

スギの写真をお送りいただくには、下記の方法があります。

1.フォームから送る

下記の投稿ページから、必要事項を記入の上,写真データを添付してください。

>スギの写真投稿ページへ

2.メールで送る

メールに下記の必要事項を入力の上,写真データを添付してください。

受付メールアドレス
info@kafun.info
必要事項
  • あなたのお名前(ニックネーム可。サイトに掲載する際に「photo by~~~」として表示させていただきます)
  •  撮影日時( XX年 XX月XX日)
  •  撮影場所(●●県○○市X-X-XX といった住所と、位置を示したGoogleマップのURL)
    →写真にGPS情報を付与いただいてもOKです。
添付データ
スギ雄花の写真

 

※同じ場所で別の日に撮影した写真・別の場所で同じ日に撮影した写真は、写真のタイトルなどでわかるようにするか、撮影日・撮影場所ごとにメールを分けてください。
※投稿いただいた内容について、確認が必要な場合など連絡をさせていただく場合がありますのでご了承ください。
※いただいた写真をサイトで公開する際には、位置情報は削除致します。
※人が写り込んだ写真の場合は、インターネットwebサイトに公開される可能性がある旨の了承をとってください。

 

写真の応募・公開にあたっての留意事項等

  1. 応募作品(写真やニックネーム等)は,応募者自身が撮影された未発表・未公開のもので,著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するものに限ります。未成年の方の応募は,保護者の同意を得てからご応募ください。
  2. 応募されたデータの返却は行いませんので,必要に応じて,あらかじめバックアップ,複写,複製等を行ってください。
  3. 応募された写真の著作権は応募者(撮影者)に帰属します。ただし,応募者は,写真を応募した時点で,株式会社フォーチュンのサイトへの掲載,その他サービス提供目的のための二次利用について許諾したものとし,掲載にあたっては自由に加工できるものとします。
  4. 著作権等第三者の権利を侵害するもの,名誉・信用・プライバシーを毀損するもの,迷惑行為となるもの,差別的なもの,嫌悪感を抱く可能性のあるもの,公序良俗に反するもの,企業や商品の宣伝・広告・勧誘・営業行為を主たる目的とするもの,その他法令違反となるもの及びそのおそれがあると株式会社フォーチュンが判断したものは掲載を見送ります。
  5. 必須事項が記入されていないものや,応募写真がデータやサイズ上,不適当であると株式会社フォーチュンが判断したものについても掲載を見送ります。
  6. 第三者の権利侵害等につきましては,株式会社フォーチュンは一切責任を負いません。また,万一,応募作品について,第三者と紛争等が生じた場合は,応募者自身の責任と費用負担によって解決するものとし,株式会社フォーチュンおよび他の応募者に対し一切迷惑をかけないものとします。

 

写真募集の目的

翌シーズンのスギ花粉の飛散予測のためには、花粉が飛ぶ前の「今(秋冬)のスギの雄花の様子」がとても重要になります。

Dr.ポーレンも毎年ある場所のスギの様子を定点観測しています。

ですが、なかなか全国のスギ林の様子を見て回ることはできません。

 

そこで、お手持ちのデジカメやスマートフォンなどで写真を撮って、あなたのまわりのスギの木の現在の様子を教えていただけないでしょうか?

 

スギには「雄花」と呼ばれる部分があるのですが、花粉症を引き起こす花粉は、雄花の中に入っていて、雄花が破裂することで花粉が飛散します。

そのため、雄花の様子を観察することが花粉飛散開始の時期を把握するために大切になります。

「雄花」の写真を募集するのには、そういう理由があるのです。

 

「時間がたつにつれてどのように変化しているか」が重要になりますので、可能であれば同じ場所で1か月ごとに写真を撮っていただき、お送りいただけるととても助かります!

ただ、これをご覧になっている方はもちろん花粉症の方が多いと思いますので、春になるとスギの木に近づくのが大変になると思います。
負担にならない時期までで大丈夫ですので、少しでも鼻がムズムズするなど花粉の気配を感じたら決して無理はしないでくださいね。

 

1人でも多くの方のご協力をお願いいたします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう